ガーデニングの裏技 東洋ランの株分けと植替え

東洋ランの株分けと植替え

10月上旬から11月上旬にかけては、東洋ランの株分けや植え替えの適期ですね。

東洋ランは毎年、植え替える必要はありません。

しかし、2,3年するとどうしても根詰まりしますので、2,3年に1度は株分けして植え替えることをオススメします。

植替えの方法ですが、まずは、鉢の縁を叩いて、鉢を緩めてから株を鉢から抜いてください。

最初は固くて抜きづらいですが、しばらく叩いていると、すっと抜けるようになります。

株が抜けたらピンセットなどを使って、ていねいに根の間の古い用土を取り除いてください。

葉が付いているバルブ3個ずつになるように株分けしてください。

株分けはナイフなどは使わずに、分ける部分を真ん中にして、左右の手で株を持ち、ひねるようにして、ゆっくりと引きはがすような感じで分けていきます。

決して無理やりやって、関係ない部分を切らないように注意しましょう。

枯れた根やカスカスの根は根元から切り取ってください。

用土としては、1.水で戻したミズゴケ、2.大粒の硬質鹿沼土1:大粒の桐生砂1:大粒の軽石1、3.中粒の硬質鹿沼土1:中粒の桐生砂1:中粒の軽石1、4.小粒の硬質鹿沼土1:小粒の桐生砂1:小粒の軽石1を用意しましょう。

必要な用土の量を大粒の用土、中粒の用土、小粒の用土で3等分してください。

鉢底にネットを敷いたら、大粒の用土を1/4くらい入れて、切り分けた株を1つ鉢の中央に置きます。

バルブの根元が鉢の縁の高さより2,3cm下になるように、株の高さを調整してください。

大粒の用土をさらに少し入れてから中粒の用土を入れていきます。

この時にピンセットなどでつついて、隙間をできるだけなくすようにしてください。

次にバルブの根元が隠れるくらいに小粒の用土を入れ、最後に1cmくらいの厚さでミズゴケを敷き詰めてください。



葉のない古いバルブも小さめの鉢に、ミズゴケ単用で植え付けておくと、翌年の夏には葉が出てきて、育っていきます。

なお、開花直前に育成用の鉢から化粧鉢に植え替える時は、根鉢をくずさず、傷つけないように注意して植え替えてくださいね。

関連コンテンツ

山野草栽培の裏技

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP