ガーデニングの裏技 クリスマスにバラを咲かせる方法

クリスマスにバラを咲かせる方法

最近は都市化と暖冬の影響で、北風の当たらない日当たりの良い場所では12月でもバラ
が咲いていることがあります。

それに、花芽さえ付けてくれれば、寒くなったら室内の日の当たる窓辺に取り込んでしまえば、
OKですから。

その前提として、バラの品種が四季咲きである必要があります。

四季咲き性の品種は、剪定後に一定期間過ぎると花芽を付ける性質があります。

なので、咲かせたい時期から逆算して剪定すればいいわけですね。

クリスマスからお正月にかけてバラを咲かせるには、ちょうど10月の上旬から
中旬にかけて剪定するといいのです。

ただし、秋から冬になる時期なので、剪定時期が1日遅れると開花は2日遅くなります。

剪定時期が遅くならないように注意しましょう。

クリスマスに咲かせやすいバラの品種

基本的に四季咲きのバラであれば、10月の上旬から中旬にかけて剪定すると
クリスマス頃に開花するのですが、
やはり寒さに弱い品種は、向かないでしょう。

それから多花性で強健な品種が最適です。

それと例年になく寒さが来るのが早い場合に備えて、鉢植えにしてある小型の品種や
ミニバラで試してみるのがいいでしょう。

いつもご紹介しているオースティンの品種などは、小型でちょうどいいと思います。

もう少しボリュームがほしい向きには、ピンクのホーム&ガーデンやホワイトのアイスバーグ、
オレンジのブラスバンドなどがお勧めの品種です。

クリスマスに咲かせるための剪定方法

まず、8月上旬から中旬に葉を3,4枚残して枝の真ん中あたりで切ります。

そうすると秋バラが咲いてきますので、10月上旬かた中旬に葉を3枚つけて花がらを切ります。

まだ花が終わっていなくても、クリスマスに咲かせる場合は、この時期に剪定します。

寒くなってきたら蕾ができていなくても、夜だけでも室内に取り込んでください。

12月中旬には昼間も室内の日当たりに入れた方がいいでしょう。

それなりの日当たりと温度があれば蕾ができて花が咲きます。

蕾がついても寒風に当てると、蕾が黒くなって花が咲きませんので、ご注意ください。

関連コンテンツ

バラ園芸の裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP