ガーデニングの裏技 洋ランの冬越し

洋ランの冬越し

ほとんどの洋ランは温暖な地方が原産なので、日本では屋外での越冬は困難です。

そこで、ここでは洋ランの冬越し方法について解説いたします。

室内に取り込む時期

一部の例外を除いて、霜の降りる前、11月はじめには室内に取り込みましょう。

例外はノビル系のデンドロビウムで、薄霜がおりるころまで、日の当たる軒下で、しっかり寒さに会わせてください。

室内での置き場所

他の植物同様、エアコンやストーブの温風が直接、当たる場所は厳禁です。

部屋の暖房はあった方がいいですが、夜間に暖房を切る場合は温度が下がるので注意が必要です。

コチョウランなどの寒がりの洋ランは夜間はできるだけ高い場所に置くと温度低下の悪影響を緩和できます。

できれば室内用のガーディアンケースなどの中で保温すると良いですね。

中温性の洋ランも、夜間は部屋の中央に置くように心がけましょう。

低温性のシンビジウムなどはカーテン2枚ひいておけば窓際でも越冬可能ですが、品種によっては寒がりのものもあるので注意してください。

洋ラン類もある程度の日光は必要なので、日中はサンルームのような窓辺の日の良く当たる場所に置いてあげましょう。

ただし窓辺は隙間風などで意外に寒いことがあるので、コチョウランのような高温性の洋ランは窓辺には置かない方が無難です。

11月や3月4月の暖かい日には屋外で日光浴させてあげてもいいですが、天気予報をチェックして気温が下がるようなら早めに室内に取り入れてください。

冬場の水やり

寒い時期なので洋ランの成長も止まっています。

水やりは植え込み材料が十分乾いてから、生育期の半分程度にしてください。

与える水も、いったん水道から汲み置いて、水温を上げてからにしてください。

室内が乾きすぎるようなら霧吹きで葉を湿らせるのが効果的です。

シンビジウムのようにハダニが付きやすい種類では葉の裏に水をかけると予防になります。

しかし、室内に空気の流れがなくて室温が高い時に、葉水をやりすぎると病気の原因になることもあります。

観葉植物のように湿ったガーゼで葉を拭くのもいいですが、洋ランは葉が出る数が少ないので、葉を傷めない様に慎重にしましょう。

もちろん、冬場には肥料は与えません。

残っていた固形肥料は入室時に全て取り除きます。

関連コンテンツ

洋ラン園芸の裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP