ガーデニングの裏技 伝統菊を見直そう

伝統菊を見直そう

日本の菊は奈良時代に中国から長寿を願い邪気を払う儀式の花として渡来したようです。

江戸時代の文化文政年間になって、江戸を中心に花びらの変化の多い品種を使った「中菊作り」が流行します。

その「中菊作り」が各地に伝播して、各地で独自の品種群が作られたようです。

今回は、この「中菊」から発展した伝統菊について解説いたします。

江戸菊

文化文政年間に流行した「中菊」を祖先とし、今日まで伝えられた品種群です。

中輪系ですが、一番外側の花びらが「サジ弁」や「走り弁」になります。

特に、いったん咲ききった後に、内側の花びらが外側へ反ったり、折り曲がったり変化し、最終的には、それぞれの品種独特の「抱え」になるのが江戸菊の特徴ですね。

嵯峨菊

嵯峨菊はガーデニングセンターでもよく見かけるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

京都の嵯峨地方で作られ続けている品種群で、花びらが細長く外に反るのが特徴です。

すっとした立性の感じから華奢な雰囲気を醸し出しますので、1本立ちの長幹にするのが一般的です。

和菊らしくない花姿なので、洋菊のようにポットマム仕立てにされたものが、ガーデニングセンターなどで売られていますよね。

伊勢菊

伊勢菊は三重県の松阪市周辺で維持されている伝統菊の品種群です。

嵯峨菊のように花びらが細長く外へ反るのですが、嵯峨菊よりも花びらの数が多く、丸い感じになります。

一方、葉は細く深い切れ込みがあって、繊細な感じですね。

肥後菊

肥後菊は普通の和菊の花びらを細長くしたような感じの品種群です。

一番上の花芽が数輪、横に並んで咲くことからスプレーマムのような感じにも見えます。

というか、実はこの肥後菊がヨーロッパに渡り、切花用のスプレーマムに貢献したとも言われています。

美濃菊

美濃菊は江戸菊系ではない大輪品種群で、幅の広い舟底弁が5−8重になって、優雅な雰囲気の菊です。

18世紀のはじめ頃から現在の美濃加茂市周辺で、菊が盛んに栽培されていたと言われています。

美濃菊として認められるようになったのは明治中期以降のようです。

奥州菊

奥州菊も大輪系の品種群で、一番外の走り弁が長く太く垂れ下がり、中の花びらも力強く盛り上がります。

八戸市を中心に、明治後期に奥州菊として成立したようです。

関連コンテンツ

洋ラン園芸の裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP