ガーデニングの裏技 ハンギングタブローに洋ランを植える

ハンギングタブローに洋ランを植える

ハンギングタブローって、ご存知でしょうか?

最近、特に多肉植物の愛好家の間ではやっているのですが、板に植物を止めて、その板ごと糸や針金で吊るして鑑賞するものですね。

多肉植物だと水やりが少なくて、ほぼほったらかしでいいので、人気が出ているようです。

実は洋ランも、もともとは木に着生しているものですから、ハンギングとの相性は抜群です。

よくバンダなどを木枠に付けて吊るしていますよね。

今回は洋ランをハンギングタブローに植えつけて、花を咲かせてみよう!というお話です。

ハンギングタブローに向く洋ラン

あまり大きな洋ランはバランスが悪いですし、水やりするのも大変なのでハンギングタブローにはミニ洋ランがオススメです。

特に乾燥に強い種類の方が水やりの手間が楽になります。

それから吊るす場所にもよりますが、冬の夜間でもそれなりの室温を確保できない場合は、耐寒性の比較的強い種類を選びましょう。

最近は日本在来のセッコクやフウランなどを交配した新しい寒さに強い品種もありますので、オススメですね。

洋ランの植え方

バンダのようなものは板に木枠を付けて植えつけてもいいのですが、普通のミニ洋ランであれば普通に素焼き鉢を使います。

素焼き鉢を糸鋸などで縦に真っ二つに切って針金などで板に留めてから、水ゴケで植えつければOKです。

植物の特性に応じて吊るす場所を季節ごとに変えていけば、丈夫で咲きやすいミニ洋ランなら咲いてくれます。

水やりは真冬など水をあまり必要としないときは霧吹きだけでいいでしょう。

生育時期には吊るしてあるのをはずして、しっかり鉢の部分に水やりして、水が抜けてから元の場所に吊るせばOKです。

ただし、ハンギングの方が乾きやすいので、慣れるまでは頻繁に水ゴケの乾き具合を確認してください。

洋ランを育てていても、どうしても根腐れさせてしまうという方は、むしろ乾きやすいハンギングタブローの方が育てやすく花を咲かせやすいかもしれませんね。

関連コンテンツ

洋ラン園芸の裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

草花の苗/ハイビスカス:フィジー・ホワイト3号ポット

フィジー・ホワイトはフィジー原産のハイビスカスです。
印象的な複色咲きです。
苗の状態でのお届けですが、お届け後5号以上の大き目の鉢に植え替えていただくと、1〜1.5ヶ月後に咲き始めます。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP