ガーデニングの裏技 冬の窓辺でガーベラを楽しむ

冬の窓辺でガーベラを楽しむ

冬の鉢花と言えばシクラメンが定番ですが、いつもいつもシクラメンでは飽きてしまいますよね。

カランコエなどもありますが、真冬でも、やっぱり花らしいお花を窓辺に飾りたい、という方も多いのではないでしょうか。

近年、耐寒性が改良されたガーデンガーベラという種類が出回るようになってきました。

暖地では庭植えでも越冬できるというのが売りですが、このような耐寒性の宿根ガーベラを鉢花にすれば、冬の窓辺でガーベラを楽しむことができます。

ここでは冬の窓辺でガーベラを楽しむ方法を解説いたします。

ガーデンガーベラを使う

春にガーデニングセンターで出回っているガーベラの鉢花は、花が大きくて美しいですが、耐寒性が弱いものもあります。

冬の窓辺では花付が悪くなるものが多いでしょう。

それに比べて、花の大きさは少し小さくなりますがガーデンガーベラと呼ばれている品種群は耐寒性に優れ、花付きも良いので、冬の窓辺でも咲かせることができるでしょう。

また、ガーデンガーベラは高温多湿にも強いので、真夏に枯れることもなくなるでしょう。

ミニガーベラと呼ばれている、もう少し小さめの品種も耐寒性があるので、利用可能です。

底面給水鉢を利用しよう

秋にガーベラの苗を入手したら、ひとまわり大きめの鉢に植えつけましょう。

用土は市販の草花用培養土で大丈夫です。

できれば鉢は底面給水鉢にしてあげましょう。

室内に飾るわけですから、用土に直接水やりしない底面給水鉢の方が衛生的です。

また、条件が良ければガーベラはよく水を吸うので、水やりを忘れて水切れさせる危険も少なくなります。

最低温度は5度

耐寒性があると言っても、最低温度5℃は必要です。

日中に気温が20度くらいになれば、ガーベラはどんどん成育し、花を咲かせてくれます。

窓辺の温度が下がるようなら、夜間には二重にカーテンをして防寒するか、夜間だけ部屋の中央部に鉢を異動するなど対策を取ってください。

昼間に4,5時間日光が差し込む窓辺がベストです。

1日中、日が当たるよりも、その方が葉の色が良くなります。

なお、エアコンの風が直接、当たる場所に鉢を置くのは避けてください。


関連コンテンツ

鉢花園芸の裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

草花の苗/ハイビスカス:フィジー・ホワイト3号ポット

フィジー・ホワイトはフィジー原産のハイビスカスです。
印象的な複色咲きです。
苗の状態でのお届けですが、お届け後5号以上の大き目の鉢に植え替えていただくと、1〜1.5ヶ月後に咲き始めます。


PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP