ガーデニングの裏技 ツルバラの誘引と剪定

ツルバラの誘引と剪定

フェンスやオベリスク、壁面などに、きれいな花をいっぱい咲かせてくれるツルバラは、 洋風のお庭を持つ人の憧れですよね。

ツルバラは強い植物ですけれど、手の入れ方に応じて反応してくれるものです。

特に、冬場の誘引と剪定は欠かせません。

まず、ツルバラとハイブリッドティーのようなブッシュタイプのバラとでは、 剪定などの方法が全く違います。

ブッシュタイプのバラは、冬の剪定では株元でばっさり切るわけですが、 それをするとツルバラでは、「春にフェンスいっぱいに花を咲かせる」ことができません。

春に、それだけの枝を伸ばす時間はないですからね。

もうひとつ、ツルバラは上向きの枝に花芽をつけるという特徴があります。

ですから、花数を多くするには、枝を水平に誘引して、上向きの枝を多く出させればいいわけですね。

「ツルバラの誘引と剪定」というタイトルにしましたが、順番としては、 (1)すべての枝をフェンスなどからはずす、(2)枯れ枝、貧弱な枝、古い枝を切る、 (3)春から伸びた枝を水平に誘引する、(4)全ての枝先を30cmくらい切り詰める、 という手順になります。

まず(2)ですが、枯れ枝、貧弱な枝は容赦なく枝元から切ります。 シュートが出て4年以上たった枝で、込み合っている場合もバッサリ切りましょう。

(4)ですが、花が咲いた枝は、分岐から2芽か3芽で切り戻しましょう。 枝先が短ければ、先だけ切り戻してもいいです。 あくまでも、ツルバラを這わせる対象と相談して切ってください。

(3)ですが、太い枝は無理に曲げずに、ゆるやかな傾斜をつけて上へ誘引し、 枝が細くなってから水平に誘引してください。

パーゴラのようなものにツルバラを誘引するときは、 柱を巻いて上へあがる枝については、丹念に芽かきをして、枝を出さないようにすると良いでしょう。

また、柱を巻いている枝のトゲは危ないので切っておきましょう。

枝が屋根に上がったら、バランスを良く考えて、できれば等間隔に水平に誘引してください。

関連コンテンツ

インターネット園芸大事典 バラ

バラ園芸の裏技

お花の名所 バラ

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP