ガーデニングの裏技 ブドウの鉢づくり

ブドウの鉢づくり

ブドウというと広大なブドウ畑を思い浮かべますが、ブドウ自体は自家結実性の強い果実ですので、1本でも十分に実をつけます。

大鉢にすればブドウはマンションのベランダでも栽培、結実可能ですので、夏場の日よけと、秋の収穫を楽しみに、トライされてはいかがでしょうか?

ブドウの品種には大きく分けてヨーロッパ種、アメリカ種、両者の雑種の3種類あります。 ヨーロッパ種のブドウは品質が良い果実ができるものの病気に弱く、アメリカ種は品質が落ちるものの強健という特徴があります。

デラウェアや巨峰、ピオーネなどの欧米雑種は、両者の特徴を兼ね備えていて、全国どこでも栽培できますので、お奨めですね。

1年生の接木苗から始める場合は、購入した苗木を1晩水につけてから、3月に8号の素焼き鉢に植えつけてください。 用土は赤玉土6:腐葉土3:川砂1に緩効性の化成肥料を規定量入れておきます。

鉢底網、鉢底石、用土の順に入れ、苗木の根を十分に広げて植え付け、支柱を立てて、しっかり水やりします。

ブドウの鉢の置き場所は、ともかく風通しと日当たりの良い場所です。 土の上に鉢を直接置くのは厳禁です。 できれば梅雨時は軒下に移動して、雨よけしてください。

鉢土が乾いたら、たっぷり水やりしてください。 夏場に水切れさせないように注意します。 10月までは肥料が切れないように有機質の固形肥料などを置肥してください。

1年目は真上に1.5mくらい枝葉を茂らせます。

1年目の冬にアサガオのようなあんどん支柱に変えて、軽くひと巻き誘引しておいてください。

2年目のブドウは、新梢は8本残して、後は芽かきし、伸ばしたものは適宜、誘引してください。 大鉢栽培のブドウは調子が良ければ2年目から開花結実します。

花後2週間以内に、摘果(摘房)をしてください。残すのは新梢1本に最大1房です。 できれば1株あたり2本の空枝(果実をつけない枝)を作ります。 また、摘粒して、1房あたり大粒種で20粒、小粒種で70粒前後にします。

2年目の冬には新梢の2芽を残して剪定し、3月に根鉢を崩して10号の素焼き鉢に植え替えてください。

3年目以降は、毎年、冬には空枝を1本残して剪定し、2,3年に1回植え替えてください。

関連コンテンツ

インターネット園芸大事典 ブドウ

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP