ガーデニングの裏技 ナツミカンの剪定

ナツミカンの剪定

今はすっかり新種のかんきつ類に主役の座を奪われてしまいましたが、ナツミカンのあの酸っぱさは強烈な印象として残っていますよね。 今では、かなり甘くなったナツミカンの品種も出回っています。

ところで、みなさんのお庭にはナツミカンの木はありませんか?

ナツミカンは非常に丈夫で病虫害も少ないことから、一度、植えると枯れずに残っていることが多いようです。 また、実がなるということで、切られないという面もあるのでしょう。

しかし、ナツミカンは生育旺盛なだけに放任すると、こんもりと茂ってしまって、少ししか実がつかなくなります。

ナツミカンが茂り過ぎると、外側にだけ葉があって、内側には葉が全くなくなり、病虫害の宝庫になってしまいます。 もちろん、実も少ししかなりません。

皆さんも、ナツミカンを剪定して実がたくさんなるようにしてみませんか? ナツミカンの剪定適期は2月中旬から4月上旬にかけての早春です。

放任したナツミカンを剪定して、実をたくさんならせるようにするには、主枝をまず決めます。 主枝にするのは、1つの木で3本程度の幹になる枝で、やや太くて、できるだけまっすぐに外側に伸びている枝です。 3つの主枝は等間隔になるのが望ましいですね。

主枝を決めたら、そこから分かれる亜主枝を決めます。だいたい60-80cm間隔で、主枝や亜主枝と伸びる方向が違う枝を選びましょう。

その後、主枝や亜主枝と競合する枝は、基本的にはすべて間引くか切り戻しします。

ただし、一度に全部切らないでください。 かんきつ類は葉に多くの栄養を蓄えているので、葉の付いている枝を多く切ると、最悪の場合、木が枯れてしまいます。 ですから、1年で剪定する枝数は、葉の数で数えて20%以内にするようにします。

剪定順序としては、まず、主枝や亜主枝にはしなかった強い枝などから間引いていきます。 細い枝は後回しにしてください。

毎年、葉の20%程度ずつ剪定していきますと、数年後には見違えるような、主枝や亜主枝がしっかりした、内部にもたくさん葉がついて、実がたくさんなる良いナツミカンの木に生まれ変わります。

詳細は果樹園芸大百科をご覧ください。

関連コンテンツ

果樹園芸の裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP