ガーデニングの裏技 熱帯花木の花壇植え

熱帯花木の花壇植え

真夏の水遣りは大変ですね。 特に1年草は水遣りを忘れるとすぐにしおれてしまうので、長期の旅行に行くのも気がかり。

その点、松やツツジなどの庭木は1週間くらい水遣りしないでも枯れることはありません。 神社仏閣や昔からの旧家などで、庭木を多用した日本庭園がよく見られるのも、日本庭園の植物が日本の四季にうまく合っているからのですね。

でも、これで納得していたのでは「お花大好き!」の名折れですね。 日本の盛夏の花壇でも花を咲かせたい、という要望に答えなければ。

日本庭園の良さは、1年中植えっぱなしで良いということですね。 剪定などの手入れは必要ですが。

でも、よく考えてみると、われら庶民には庭付き一戸建ては高値の花ですし、もし親譲りの家があっても、狭い敷地に大きな庭木を植えると、 1階は日陰になって風通しも悪くなります。

ですから、やはりあまり大きなものは駄目。 これを逆に考えると小ぶりのものであれば、植え替えるのも簡単ですから、耐寒性はなくても真夏に元気に花を咲かせるものを探せば良いということになります。

熱帯花木の中には小さくても花つきの良い種類があります。 これらを暖かくなってから1年草の苗のように植えつけると、真夏に花を咲かせてくれます。

小さくても木ですから、1年草よりも乾燥に耐えますし、暑いのはもともと大好きですから、日本の夏でも大丈夫。

最近、園芸店でよく見かけるのはペンタスランタナなどの小さな苗です。 これらを、そのまま花壇に植えつけると夏の間も花が絶えない夏花壇になります。

もう少し大きめのものではハイビスカスシコンノボタン、ベニヒモノキなどがあります。 ハイビスカスは1日花なので、緑の葉ものとして考えながら時々咲く花を楽しむというスタンスが良いでしょう。

スペースがあればエンジェルストランペットやノウゼンカズラがお勧めです。

これらの熱帯花木はノウゼンカズラ以外は耐寒性はあまりありません。 ですから来年も同じものを楽しみたい時には、秋に挿し木をして株を更新し、鉢植えとして室内やフレームなどで越冬させるのが良いでしょう。

エンジェルストランペットは地面近くで切って、その上に土や落ち葉をかぶせて保温して越冬させることもできます。

関連コンテンツ

夏越しの裏技

powerd by 楽市360

楽天市場からのご案内

更新情報・お知らせ

お花の写真のカレンダー壁紙版を配布しています。NEW

ガーデニンググッズ並木からのお薦めアイテム

アクアグリーン自動水やりタイマー本体 AQUAGREEN AGPT散水 自動水やり ホース ガーデニング 花 バラ 庭 旅行 休暇 夏休み 家庭菜園 趣味 園芸 ゴールデンウイーク 野菜 戸建 植木 水やりタイマー 05P27May16


感想(4件)

タイマーで自動で水遣りする優れものです。
これで旅行中の水やりも安心ですね!
類似品に比べて使いやすく、壊れにくい製品です。

丸一(株) 雨水タンクまる100Lセット これだけあればすぐに使用可能雨水利用・雨水タンク ※工場ダイレクト商品の為代金引換  不可

価格:28,300円
(2016/6/23 20:52時点)
感想(1件)

関東は水不足で取水制限が開始されました!
自分の庭にまく水は自分で貯めましょう。
水道代の節約にもなりますしね!

フラワーショップ並木からのお薦めの季節の鉢花、花苗

◆即納 【バラ苗】 パックス (HMsk桃) 国産苗 中苗 6号鉢植え品
【オールドローズ.ハイブリッドムスクローズ】 《NON15》 ●○●

paxとは平和という意味ですね。
シュラブ系のハイブリッドムスクです。
ピンクのきれいなバラですが、病虫害にはご注意ください。

PR

PR

無料レポート

今月の園芸作業 バラ

今月の園芸作業 バラ

バラ栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

今月の園芸作業 洋ラン

洋ラン栽培の手順を月ごとに解説しています。

お庭の台風対策

台風に強いお庭の作り方などを解説しています。

電子書籍

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

携帯・スマホユーザーのためのお花の写真の撮影講座

メールマガジン「お花大好き」創刊10周年を記念して「携帯・スマホユーザーのための お花の写真の撮影講座」をキンドル本(電子書籍)として上梓いたしました。

教養講座

ツバキ

お花の写真 撮影講座

スマホでも十分なクオリティーの写真が撮れます。詳しくは無料お試しの第1章をお読みください。

簡単フラワーアレンジメント講座

通学・通勤の途中でも、休憩時間や昼休み中でも、ちょっと携帯を開いて、フラワーアレンジメントの基礎を学んでみませんか?

現代BONSAI入門講座

盆栽の選び方から、育て方まで、プレゼントする時の梱包の仕方まで、丁寧に解説しています。皆さんも是非、息の長い趣味であるBONSAIの世界をお楽しみください!

↑ PAGE TOP