メールマガジン「お花大好き!」 第435号 2012年10月25日



ミニLEDイルミネーションライト ミルキーウェイ ピンクグラデーション


400球の小粒な光が、まるで天の川のように輝きを放ちます!
LEDなので、長寿命で省エネ、発熱の少なく、紫外線も発生しません!!
通常よりも小さいLED球なので、きめの細かいライトアップが可能です。

チョコレートコスモス

チョコレートコスモスとは、チョコレート色のコスモスではあるのですが、普通のコスモスとは別種になります。

すごく不思議なのですが、原種は種子ができません。

もともとは19世紀にメキシコで発見されて種子がヨーロッパに持ち込まれたようなのですが、いつのまにか、同一個体からのクローン個体のみになってしまったようです。

原産地の野生種は絶滅してしまったようなので、「ルーツが消えた」植物になりました。

チョコレートコスモスは球根ができます。

ただしダリアとは別属の植物で、キャンディーコスモスに近いようです。

チョコレートコスモスには園芸的に、1.秋咲きのキバナコスモスとの交雑種、2.春から秋まで長く咲く交雑種、3.原種の3タイプがあります。

チョコレートコスモスの育て方

秋咲きのキバナコスモスとの交雑種

暑さに強く、普通のコスモスと同じく秋に一斉に咲きます。

秋に花付き苗を入手するのが一般的です。

根鉢を崩さずに、すぐに大株に植え替えてください。

2週間に1回程度、規定濃度の液体肥料を与えると、豪華に咲いてくれます。

霜が降りたら地上部が枯れるので、地際10cm程度で切って、その上にバークや落ち葉を敷き詰めて、凍らないように防寒してください。

鉢植えの場合は、暖房していない室内に取り込むのが安全です。

室内に取り込んだ場合は、様子を見ながら、2週間に1回程度、少しだけ水やりしてみましょう。

3月末に上に敷いたバークなどを取り除いてください。鉢植えも、少しずつ外気に馴らしていくといいでしょう。

日当たりの良い場所で育てないと徒長して、花付きが悪くなります。

8月上旬に1回切り戻しをするといいでしょう。

春から秋まで長く咲く交雑種

このグループのチョコレートコスモスは、暑さ寒さに強い、育てやすいグループです。

ただ、春にも咲くので、「コスモス」的ではありませんが。

苗を買ったら、すぐに鉢に植え付けてあげてください。

日当たりと水やり、適当な肥料があれば、どんどん育って、花を咲かせてくれます。

真夏になって花が少なくなってきたら、半分程度に切り詰めておきましょう。

関東以西では、防寒の必要もあまりないと思います。

原種

チョコレートコスモスの原種は、暑さ寒さに弱く、病気にもかかりやすいので育てにく植物です。

ただ、香りがいいのと、花色も、よりチョコレートっぽい深い色合いなので、愛好家も多いようです。

春と秋の気候の良い時期は日当たりで管理しますが、梅雨明けから秋口までは半日陰で、できるだけ涼しくなるように管理してください。

根腐れしやすいので、水はけの良い用土を使って鉢植えにしてください。

夏場の過湿は厳禁です。

真夏には肥料も控えてください。切り戻しも真夏には避けましょう。

真冬は防寒する必要があります。

ただし、完全に乾燥させないように注意してください。

また、球根を傷つけると病気が入りやすいので、植替え時には注意しましょう。



チョコレートコスモス(チョカモカ)「☆」

事典エイト 新着情報

ガーデニングの裏技 月下美人の挿し木

もお楽しみください。

開花情報、イベント情報

明日から三溪園で菊花展を開催
横浜市中区本牧三之谷 三溪園。鉢植え250点、切り花160点など計500点を展示。明日から11月23日まで。期間中の土日祝日には、横浜菊花会メンバーが初心者向け解説を実施。菊苗の販売、園芸相談などもあります。

関東菊花大会 開催中
群馬県みどり市大間々町。ながめ公園 0277・72・1968。1300鉢が出品される第55回関東菊花大会は11月23日まで開催。

二本松の菊人形展 開催中
福島県二本松市 県立霞ケ城公園。2175輪の花をつけた千輪咲きなどが見ものです。

和歌山公園菊花展
和歌山市 和歌山城内。第56回和歌山公園菊花展は11月18日まで。11月3日 菊の花や苗の即売会。11月4-6日 菊の育て方相談会

おかやま菊花大会
岡山市北区丸の内 烏城公園。第61回おかやま菊花大会は11月17日まで。700鉢のほぼ8割がすでに開花しています。



チョコレートコスモス:ルージュシリーズ
ほのかにチョコレートの香りがします

あとがき

菊花展の季節になりましたね。

菊花展では、いろいろな仕立方をした鉢があるので、そのあたりを是非、ご覧いただければと思います。

二本松の菊人形展では2175輪の花をつけた大株が展示されています。

千輪咲きというのも大変なことなのに、その2倍以上とは、凄いですよね。

確かな技術と日頃の丹精の賜でしょう。

バラや菊といったファンの多い植物は、品種も多くて、いろいろな仕立方を愉しめるのが魅力になっているのでしょうね。

コスモスはそこまではいきませんが、近年、チョコレートコスモスの品種改良が進んで、日本でも育てやすくなってきました。

ほんとにチョコレートに匂いがするチョコレートコスモスもあるんですよ!




暗い世相を、明るいイルミネーションで吹き飛ばしませんか!?

メールマガジン「お花大好き!」 第435号
 
発行日2012(平成24)年10月25日
発行者インターネット園芸大事典
発行人並木順子
  
メルマガ登録・解除 独自配信版
メルマガ登録・解除 まぐまぐ版