セカンドライフに使用できるパソコンとインターネット

セカンドライフのシステムはリアルタイムの3Dグラフィック表示システムの中で、 たくさんのプレーヤーがオンラインで移動やチャットができるシステムです。

これらを一度に実現することは、一昔前までは超高速のスーパーコンピュータでも難しかったのですが、 インターネットとパソコンの高性能化によって実現できるようになりました。

従って、それ相応のパソコンとインターネット環境が必要になります。 具体的には、インターネットは光ファイバー接続で、パソコンは2GHZ以上のクロックで、 メモリも1GB以上、最新のグラフィックカード搭載機種でないと快適に楽しむことはできないでしょう。

OSはWindows2000、Windows XP、Mac OS Aがサポートされています。 Linux i686は現在、アルファテスト中です。



事典エイト

-セカンドライフ大事典